2017年9月14日木曜日

写真パネル展 in ほんまもん♪大阪


 10月1日(日)、大阪で開かれる体験イベント『ほんまもん』の会場にて、写真パネル展を開催させていただくことになりました。
 拙著「“いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ〜」「赤ちゃんネコのすくいかた〜小さな“いのち”を守る、ミルクボランティア〜」(集英社みらい文庫刊)収録作品の一部をパネル展示し、書籍も販売させていただきます。
 当日は、私が会場におりますので、ご来場いただいた方には、作品内容のご説明や、取材裏話などもお伝えできればと思っています(^-^)/
 本展を通じて、小さな“いのち”の守り方、救い方を、1人でも多くの方に知っていただけたらと、心から願っています。
 どうかこの機会に、会場まで足をお運びいただけたら幸いです。皆様にお会いできるのを楽しみにしています♪(詳細はチラシをご覧ください)


 





2017年9月8日金曜日

写真パネル展「ともに生きる~小さな“いのち”の守り方~


11月19日(日)、岐阜県土岐市で開かれる『Animal party PREMIUM』の会場にて、写真パネル展を開いていただくことになりました。この機会に一人でも多くの方に足をお運びいただき、小さな“いのち”の守り方、救い方について、感じ、考えていただくきっかけとなるよう祈っています。詳細はイベントHP(8/9の記事)をご覧ください(^^)

2017年9月2日土曜日

写真パネル展「赤ちゃんネコのすくいかた」in 鹿児島


 10月14日〜15日、鹿児島市の「マルヤガーデンズ」にて、写真パネル展「赤ちゃんネコのすくいかた〜小さな“いのち”を守る、ミルクボランティア〜」を開催していただくことになりました。
 本展は、同名書籍(集英社みらい文庫刊)収録作品の一部を展示するもので、乳飲み子の時に捨てられながらも、熊本市動物愛護センターの職員さんやミルクボランティアさんたちの手で救われていく、小さな“いのち”の物語。九州地方では初の写真パネル展となります。
 また、里親さんをはじめ一般応募によるワンコ、ニャンコの写真「keep alive しっぽのある天使達」も同時展示されます。
 この機会に1人でも多くの方に会場へ足をお運びいただき、小さな“いのち”の守り方、救い方について、感じ、考えていただくきっかけとなりますよう、心から祈っています☆


2017年9月1日金曜日

韓国にも届け!どうぶつたちの想い


 韓国の、“環境と動物福祉について考える”ファッション文化雑誌『OhBoy!』80号(本日9月1日発売)の誌面にて、日本の動物福祉に関する特集が組まれ、私もサポーターを務めさせていただいている『TOKYO ZERO キャンペーン』の活動紹介とともに、拙著「どうぶつたちへのレクイエム」収録(現在は「“いのち”のすくいかた」に収録)の猫の写真を掲載していただきました。
 私は韓国語を読めないのですが、編集部の方が記事の日本語訳をお送り下さいましたので、こちらでもご紹介させていただきます。(記事掲載については編集部の許可をいただいています)
 「どうぶつたちへのレクイエム」は、2009年に韓国語版が出版されたのですが、今も多くの方に読まれていて、『OhBoy!』系列のショップでも取り扱っていただいているお聞きし、とても嬉しく思いました(^-^) 
 今回の記事、そして拙著を通じて、これからも韓国の方たちに、日本のどうぶつたちが置かれている現実や、彼らの想い、そして命の守り方について、ともに感じ、考えていただけるよう、心から祈っています。

<以下、記事の日本語訳です>

「Tokyozeroは、オリンピックを開催する2020年までに殺処分ゼロを目指すキャンペーンだ。公式サイトで久石譲、倍賞千恵子、宮本亜門など、多くの有名人がサポーターとして参加し、動物保護法を改正を要求するために、東京都と環境省に提出する署名を集めている。特に幼い子犬を生後56日未満に生まれた環境から隔離して、養子縁組させることを禁止する「8週齢規制」を実現すること。ドイツ「ティアハイム」のように保護し、譲渡システムの設備を作ること、ペット店をなくし猫と犬の保護個体数を増やすこと、このように3つの解決策を提案し、現在すでに10万人の署名を集めた。

写真提供=児玉小枝(どうぶつたちへのレクイエム)」

<「OhBoy!」は、こんな雑誌↓>
https://baila.hpplus.jp/fashion/f_editors_eye/9792

<「TOKYO ZERO キャンペーン」公式サイト>
http://tokyozero.jp/


2017年8月31日木曜日

どうぶつに優しい企業(活動&商品)を、ノミネート推薦して下さい!


 私も選考委員を務めさせていただいている『りぶ・らぶ・あにまるず賞2018』のノミネート推薦受付が、2017年9月1日から始まります。
 本賞は、「人と動物の共生へ尽力する企業の商品および活動」に対して贈られるものです。皆様の暮らしの中で、たとえば…「この企業の、動物福祉への取り組みが素晴らしい!」「◯◯百貨店は、犬連れでの入店を歓迎してくれて嬉しかった!」「このペットショップは“飼い主教育”に力を入れていて素敵!」「この商品のおかげで、犬の介護がグンと楽になった!」など、『表彰』という形で感謝の気持ちを伝えたい企業(活動や商品)に、お心当たりはありませんか? 受付期間は来年8月31日まで。
 全国の皆様からのノミネート推薦を、心よりお待ちしております。(推薦してくださった方の中から抽選で、素敵なプレゼントがもらえるそうで〜す♪)
 推薦方法など詳細は↓主催団体である公益社団法人Knotsのサイトをご覧ください。

http://knots.or.jp/corporation/2017/08/award-2018/

2017年8月29日火曜日

「マイ奈良」インタビュー記事


地域情報誌『マイ奈良』9月号の「Life Style」コーナーにて、私の活動に関するインタビュー記事を掲載していただきました。
この記事を通じて、1人でも多くの方に、日本のどうぶつたちが置かれている現実を知っていただけるよう祈っています。
(ブログへの記事掲載については、同誌 編集部の許可を得ています)


【小さな“いのち”が守られ、救われるきっかけに】


 保健所や動物管理センターなど、全国の行政施設に収容されている、年間10万匹を超えるネコの内、約75%が殺処分に。そしてその大半は、生まれたばかりの“赤ちゃんネコ”です。
 出産シーズンになると多くの子猫が施設に持ち込まれる上、数時間おきの授乳や排泄介助が必要な乳飲み子を世話する人材がいない…というのが、殺処分の主な理由です。

 9月に大阪で開催していただく写真パネル展「赤ちゃんネコのすくいかた~小さな“いのち”を守る、ミルクボランティア~」では、そんな乳飲み子のレスキュー活動に奔走する熊本市動物愛護センターの職員さんと市民ボランティアさんたちの姿を通して、“私たち一人一人にできること”は何なのかを感じ、考えていただけたらと願っています。
 お近くにお住まいの方はぜひ足をお運びください。また会場へお越しいただけない方は、同名書籍(集英社みらい文庫刊)をご一読いただけたら幸いです。

 本展および本書が、ネコたちの尊い命が守られ、救われるきっかけとなれるよう、心から祈っています☆



🌱書籍はこちらです↓😺
https://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%9F-%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA-%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1-%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E3%80%81%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E3%81%BF%E3%82%89%E3%81%84%E6%96%87%E5%BA%AB/dp/4083213361