2016年8月21日日曜日

赤ちゃんネコの命が守られ、救われる社会をめざして…


 このたび8月26日に、「赤ちゃんネコのすくいかた~小さな“いのち”を守る、ミルクボランティア~」(集英社みらい文庫刊)を上梓させていただくことになり、ひとあし早く、私のもとに見本本が届きました。
 本書は、「赤ちゃんネコの命を守りたい」と願う人々の“想い”と“行動”、そして命の守り方・救い方を、写真と文章で綴ったノンフィクションです。
 現在、日本全国で、年間約11万頭のネコが行政施設に持ち込まれて殺処分されていて、その大半が、生まれて間もない“赤ちゃんネコ”(授乳や排泄介助が必要な乳飲み子)です。
 日々、まるでゴミのように捨てられ絶たれていっている彼らの命を救うには一体どうしたら?……その答えを求めて、昨年の秋、取材に向かったのが、全国に先駆けて“ネコの殺処分ゼロ”を実現した『熊本市動物愛護センター』でした。取材を進める内に、以前は他の施設と同じように、市民に持ち込まれた赤ちゃんネコをガス室で殺処分していたセンターが、“殺処分ゼロ”に向かって舵を切りはじめたのは、一人のボランティア女性との出逢いがきっかけだったとわかりました。そこから、センター職員とボランティア女性との連携プレーによって、“救える命”が増えていき、さらに、一般市民を対象とした“ミルクボランティア”の公募へとつながっていきます。
 
赤ちゃんネコの命を守り、ネコの殺処分問題を解決していくためには、『捨てられた命を救う』『捨てられる命を減らす』……その両面からのアプローチが必要です。赤ちゃんネコを保護しなくていい社会にするために、どうしたらいいのか、その具体的な方法(不妊去勢手術や室内飼い、地域猫活動)について、本の後半『センター職員の真の願いとは?』『不幸なネコを増やさないために』の章で伝えています。
 本書を通じて、日本の赤ちゃんネコが置かれている現実や、赤ちゃんネコを救っている人たちの想いと救われたネコたちの想い、そして、“いのち”の(具体的な)守り方、救い方が、読者のもとに届き、「今、自分にできることは?」と考え、一歩を踏み出すきっかけとなれるよう……そして、小さな“いのち”が尊ばれる社会に近づく一助となれるよう、心から願っています。
 本が書店に並ぶのは8/26以降になりますが、アマゾンなど全国の書店で、予約受付中です♪
 また、みらい文庫のHPに、本の紹介がアップされていて、プロローグや目次の部分を試し読みしていただくこともできます↓
http://miraibunko.jp/special-book/archive030/

 本書にこめたメッセージが、子どもから大人まで、一人でも多くの方の心に届きますように☆彡


2016年1月17日日曜日

写真展【君といたい—どうぶつたちの命と心をみつめて—】

1月22日から約2カ月間、岩手県花巻市の『るんびにい美術館』にて写真展を開催していただくことになりました。この展覧会に一人でも多くの方が足をお運び下さり、犬や猫にも人間と同じように尊い命があり、心があり、豊かな感情があるのだということを感じていただけますよう……そして本展が、彼らの命と心が尊ばれ守られる社会に近づく一歩となれますよう、心から祈っています。展覧会の詳細についてはチラシをご覧くださいませ☆


2016年1月12日火曜日

写真パネル展 in 千葉


千葉県松戸市にて2月6日から、写真パネル展を開催していただくことになりました(主催 : 松戸地域ねこ活動28、恊働 : 松戸市役所環境保全課)。本展を通じて、1人でも多くの方の心にどうぶつたちの想いが届き、彼らの命と心が守られる社会が実現するきっかけとなれるよう、心から祈っています。お近くにお住まいの方はぜひ、足をお運び下さいませ。詳細は下記チラシおよび松戸市公式HP(下記アドレス)をご参照ください☆
http://www.city.matsudo.chiba.jp/smph/kurashi/pet/petto.html


2015年11月13日金曜日

写真パネル展『ラスト・ポートレート』in 明石

兵庫県の明石市立図書館と明石市立西部図書館にて、写真パネル展「ラスト・ポートレート〜この世に生を受けて〜」を開催して頂くことになりました(11/23まで)。会場では拙著「“いのち”のすくいかた〜すてられた子犬、クウちゃんからのメッセージ〜」(集英社みらい文庫刊)、「ラスト・チャンス!〜ぼくに家族ができた日〜」(WAVE出版刊)、「明るい老犬介護」(桜桃書房刊)…それぞれの掲載作品を展示していただいています。この機会に、子どもからお年寄りまで一人でも多くの方に足をお運びいただき、どうぶつとともに暮らすことの意味や責任について,改めて考えていただくきっかけとしていただけたら幸いです☆彡 

☆明石市立西部図書館 1Fロビー(明石市魚住町中尾702-)
 11月5日〜23日 9時30分〜19時 休館日: 11/9、16、17
☆明石市立図書館 2F図書館セミナー室(明石市明石公園1-27)
 11月18日〜23日 10時〜17時 休館日: 11/9、16、17
☆お問合せ 078-918-5675(明石市立西部図書館)



「“いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬、
クウちゃんからのメッセージ〜」(集英社みらい文庫刊)より

「明るい老犬介護」(桜桃書房刊)より
(「“いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬、
クウちゃんからのメッセージ〜」より)

「ラスト・チャンス!〜ぼくに家族ができた日〜」(WAVE出版刊)より


2015年10月5日月曜日

『どうぶつたちへのレクイエム』in 埼玉

10月17日(土)、埼玉県上尾市で開かれる『あいけん♡フェスティバル』にて、写真パネル展を開催して頂くことになりました。ワンちゃん同伴OKの会場では、しつけ方教室やふれあい広場、犬の譲渡会やドッグダンスショーなども開かれます。埼玉近郊にお住まいの皆様、ぜひ足をお運び下さい。詳細はチラシをご覧ください☆




2015年7月16日木曜日

譲渡ワンコの想い伝える写真展 in 東京


7月20日、東京の『かもめカフェ』にて、“捨て犬”として動物管理センターに収容されたのち、新たな家族の元で幸せを掴んだ2頭の子犬……“クウちゃん”と“えびぞう君”の想いを伝えるフォトストーリー展を開催して頂くことになりました。展示作品はそれぞれ、拙著「“いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ〜」と「ラスト・チャンス!〜ぼくに家族ができた日〜」収録の写真です。「"小さな家族"の命を守るため、救うために、"自分にできること"について、来場して頂いた方々と考えたいと思います」と、主催のBande・さかまきさん。お子様も大人の方も、皆様ぜひこの機会に、えびちゃん&クウちゃんに会いに、会場まで足をお運びください☆
☆会期 7月20日(月・祝)
    13時〜17時
☆会場 かもめカフェ(東京都品川区大崎/詳細は下記HP)
    http://www.kamome-cafe.com/
☆主催 Bandeさん(詳細は下記Facebookページ)
    https://www.facebook.com/events/426021874244092/?ref=3&ref_newsfeed_story_type=regular&feed_story_type=117&action_history=null
☆入場無料
☆お問合せメール bande_yokohama@outlook.jp(Bande/さかまきさん)

「ラスト・チャンス!〜ぼくに家族ができた日〜」
(WAVE出版刊)より

「“いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬、
クウちゃんからのメッセージ〜」
(集英社みらい文庫刊)より

2015年6月19日金曜日

新刊『“いのち”の すくいかた』を上梓しました

 6月5日に、集英社みらい文庫さんから、フォト・ストーリーブック『“いのち”のすくいかた~捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ~』を上梓させて頂きました。本の中には、動物管理センターに収容されたのち、新たな家庭に譲渡されていったクウちゃんという子犬の“想い”を軸に、人間に捨てられ行政施設で殺処分されていった犬猫たちの現実を伝える、拙著「どうぶつたちへのレクイエム」を、子どもたちにも伝わりやすくアレンジした内容も掲載しています。(オールモノクロ192頁、価格は620円+税です)
 本書を通じて、ひとりでも多くの方の心に、人間に捨てられたどうぶつたちの声なき声と、命を救われ幸せを掴んだ子犬“クウちゃん”の想いが届きますように……そして、この本が、ちいさな“家族”の命を守るため、救うために、“自分にできること”について考えていただくきっかけとなれるよう、心から祈っています。