2017年4月29日土曜日

「君といたい/児玉小枝写真展~どうぶつたちの命と心を見つめて~」

 2017年4月29日から、香川県高松市にある『歯ART美術館』にて、写真展「君といたい/児玉小枝写真展~どうぶつたちの命と心を見つめて~」を開催していただいています(~6/18まで。写真は会場の様子です)。

 本展は、2016年 1/22~3/21まで、岩手県花巻市にある命のミュージアム『るんびにい美術館』で開催していただいた企画展の《巡回展》で、奈良県での開催に次ぐ、第3回目となります。 


 展示していただくのは、拙著「“いのち”のすくいかた~捨てられた子犬、クウちゃんからのメッセージ~」(集英社みらい文庫刊)、「ラスト・チャンス!~ぼくに家族ができた日~」(WAVE出版刊)、「同伴避難~家族だから、ずっといっしょに~」「どうぶつたちに、ありがとう」(日本出版社刊)、「明るい老犬介護」(桜桃書房刊)等に収録されている作品を含め、私が二十数年にわたって、“人とどうぶつとの共生”をテーマに撮り続けてきた写真たちです。  
 この機会に、一人でも多くの方に会場まで足をお運びいただき、どうぶつとともに暮らすことの素晴らしさや、ともに暮らすどうぶつたちの“保護者”である私たちに課せられた責任について、改めて感じ、考えていただけたら幸いです。 

 詳細は、歯ART美術館さんのHP(下記)をご覧ください
 http://ha-art.com/exhibition/index.html

 また、展示の内容については、るんびにい美術館さんがつくってくださった動画も、ぜひご参照いただければと思います。  
https://youtu.be/PHGH0miMSaA
  ↑私が作品にこめたメッセージを、優しい音楽とことばとともに丁寧にご紹介下さっていて、何度拝見しても、心打たれます( ; - ; ) 


《巡回展示の主催者様を募集しています》
今後、本展を巡回展示していただける主催者様を募集中です♪ もしも開催に興味をお持ちいただけましたら、ぜひ児玉まで(下記アドレス)ご一報くださいませ。開催いただくための手順や条件等について、お知らせさせていただきます。本展にこめたメッセージを一人でも多くの方の心に届けられますよう、皆様方のご協力をお願い致します。
s-kodama@dp.u-netsurf.ne.jp









2017年1月19日木曜日

写真パネル展「赤ちゃんネコのすくいかた」in 埼玉


 2017年2月6日から2日間、埼玉県所沢市で開かれる「捨て猫と救われた命の写真展」会場にて、拙著「赤ちゃんネコのすくいかた~小さないのちを守る、ミルクボランティア~」(集英社みらい文庫刊)掲載写真の一部(34点)を展示するパネル展を開催していただくことになりました。
 会場では溝淵和人さんが撮影された「捨猫」の写真や、保護されたのち新たな家族の元で幸せを掴んだニャンコたちの写真展示のほか、ネコのことで困っている方やネコを救いたいという方からの相談を受け付けるコーナーも開設されます。
 本展を通じて一人でも多くの方に、日本のネコたちが置かれている現実や、ネコの命の守り方・救い方を知っていただけますように。この機会にぜひぜひ、会場まで足をお運びくださいませ。
 写真(上)の茶トラの子猫は、熊本市動物愛護センターに収容されたのち、新たな飼い主さんが現れるのを待っているティベちゃんで、写真(下)のねこハンモックから顔をのぞかせている子は花ちゃん、その下にいる子はリンちゃん。センターにいるネコたちには1頭1頭かわいい名前がつけられ、職員さんとボランティアさんの愛情をいっぱいに受けながら大切に保護されています。(拙著「赤ちゃんネコのすくいかた」80〜81ページ掲載写真)
☆会期 2月6日(月)~7日(火)10時~16時。
☆会場 所沢市立小手指市民ギャラリーディア
☆入場無料(一般公開あり)
☆主催/お問合せ Tel 090-4386-5303(所沢ねこのネットワーク/斎藤さん)
☆会場では書籍「赤ちゃんネコのすくいかた」の販売もしていただく予定です。
《巡回展示へのご協力のお願い》
本展を主催してくださる方に、展示用の写真パネルを貸し出しさせていただいています。貸し出し方法など詳細は児玉までお気軽におたずねください(^^)/